○豊浦町役場庁舎防火管理規程

昭和54年5月28日

規程第3号

(目的)

第1条 この規程は、消防法(昭和23年法律第186号。以下「法」という。)第8条第1項の規定に基づき、豊浦町役場庁舎(以下「庁舎」という。)における消防計画を定め、火災の予防及び人命の安全並びに災害の防止を図ることを目的とする。

(適用範囲)

第2条 この規程は、庁舎に勤務し、又は出入りするすべての者に適用する。

(防火管理者)

第3条 防火管理者は、その資格を有する職員のうちから町長が任命する。

(防火管理者の権限及び業務)

第4条 防火管理者は、この規程に定められた事項についての一切の権限を有し、次の業務を行うものとする。

(1) 消防計画の検討及び変更

(2) 消火、通報、避難及び避難誘導の訓練の実施

(3) 建築物、火気使用器具、電気設備、危険物施設等の点検検査の実施及び監督

(4) 消防用設備等の点検整備の実施及び監督

(5) 火気の使用又は取扱いに関する指導監督

(6) その他防火管理上必要な業務

2 防火管理者は、次の業務について消防機関と連絡を密にし、防火管理の適正を期するよう努めなければならない。

(1) 消防計画の提出

(2) 教育訓練指導の要請

(3) 建築物等の点検検査の指導の要請

(4) 消防用設備等の点検結果の報告

(5) その他法令に基づく報告及び防火管理について必要な事項

(消防計画の周知)

第5条 防火管理者は、職員に対し消防計画の内容について周知徹底するよう努めなければならない。

(訓練の実施)

第6条 防火管理者は、職員をして年1回以上消防訓練を行うものとする。

(点検検査基準)

第7条 建築物、火気使用器具、電気設備、危険物施設等の点検検査基準は、別表第1による。

(消防用設備等の点検)

第8条 防火管理者は、庁舎に設置されている消防用設備等の機能を維持管理するため、法令に定める点検票に基づく点検を行わなければならない。

(点検結果の記録等)

第9条 防火管理者は、前2条に規定する点検検査の結果を記録するとともに、町長に報告しなければならない。

(不備欠陥等の整備)

第10条 防火管理者は、点検検査の結果に基づく不備欠陥事項について早期に改善を図るよう努めなければならない。

(火気等の使用制限等)

第11条 防火管理者は、次の事項について指定又は制限するものとする。

(1) 喫煙禁止場所及び喫煙場所の指定

(2) 火気使用器具の使用禁止場所及び使用場所の指定

(3) 工事中の火気使用の制限及び立会

(4) 火災警報発令時等の火気使用の禁止又は制限

(臨時の火気使用等)

第12条 次の事項を行おうとする者は、防火管理者に事前に連絡し、承認を得なければならない。

(1) 指定場所以外で臨時に火気を使用するとき。

(2) 火気使用器具を設置又は変更するとき。

(火気等の使用等の遵守事項)

第13条 火気等を使用する者は、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 火気使用器具は、指定場所以外で使用しないこと。

(2) 火気使用器具を使用する前に必ず器具を検査すること。

(3) 火気使用器具の使用後には、必ず点検し安全を確認すること。

(4) 禁止された場所では、喫煙しないこと。

(5) 退庁時には、たばこの吸殻の処理を完全にすること。

(施設に対する遵守事項)

第14条 避難施設及び防火施設の機能を有効に保持するため、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 避難口、廊下、階段その他の避難のために使用する場所には、避難の妨害となる設備をし、又は物品を置かないこと。

(2) 防火扉、排煙窓等は常時開閉できるよう、その機能を有効に保持し、開閉の障害となる物品を置かないこと。

(火災予防のための組織)

第15条 平常時における火災予防及び地震時の出火防止を図るため、防火管理者のもとに各室又は一定の区域ごとに火気取締責任者を置くものとする。

2 火気取締責任者は、別表第2のとおりとする。

(火気取締責任者の業務)

第16条 火気取締責任者は、次の業務を行うものとし、不備等を知つたときは、直ちに防火管理者に通報しなければならない。

(1) 担当区域内の火気管理

(2) 担当区域内の火気使用器具の管理

(3) 地震時における火気使用器具の安全確認

(当直者の業務)

第17条 当直者は、庁舎内を巡回し、火災予防上の安全を確認するとともに、その結果を当直日誌に記録し防火管理者に報告しなければならない。

(自衛消防隊の設置)

第18条 火災発生時における消火、搬出及び避難を円滑にするため、自衛消防隊を設置する。

2 前項の組織の編成は、別表第3に定めるところによる。

(隊長等の権限及び任務)

第19条 隊長は、自衛消防隊の活動に対し必要な指揮命令を行い、円滑な自衛消防活動ができるよう努めなければならない。

2 主任は、各班の指揮統制を図るとともに、隊長への連絡を密にするものとする。

(出先機関における準用)

第20条 出先機関における防火管理については、別に定めるもののほかこの規程を準用する。

附 則

1 この規程は、昭和54年6月1日から施行する。

2 豊浦町庁舎防火管理規程(昭和46年規程第1号)は廃止する。

附 則(平成9年7月15日規程第4号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成10年5月1日規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年4月1日規程第4号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年11月1日規程第8号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年4月1日規程第7号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年11月8日規程第6号)

この規程は、公布の日から施行する。

別表第1

点検検査基準

区分

内容

建築物

外周囲

1 可燃物の散乱、集積の有無

2 危険物の貯蔵、管理の状況

車庫

1 車庫内自動車整備作業の安全確認

2 車庫内禁煙励行の有無

倉庫、書庫

1 危険物の貯蔵の有無

2 倉庫内禁煙励行の有無

3 倉庫内の整理、整頓の状況

敷地内通路

1 避難通路の障害物の有無

2 冬期間の除雪の状況

出入口、非常口

1 避難障害物件の放置の有無

2 非常口使用の可否

防火扉、排煙窓

1 開閉機能の確認

2 ドアーチエツク機能の確認

廊下、階段

1 物品の陳列、集積利用の有無

2 避難障害物件の有無

その他

防火管理上必要な事項

火気使用器具

焼却場

1 焼却炉周辺の整理、清掃状況

2 灰の処理の状況

3 炉、煙筒、配線等の破損故障の有無

プロパン庫

1 充てん容器の検査済証の有無

2 容器腐蝕の有無

3 容器の保管場所及び設置状況

4 可燃物の堆積の有無

5 庫内換気の状況

ボイラー室

1 室内の整理、清掃の状況

2 可燃物等の有無

3 配管、結合部の異常の有無

ガス湯沸室

1 室内の整理、整頓の状況

2 可燃物の有無

3 配管、器具等の異常の有無

移動式ストーブ

1 周囲の可燃物の有無

2 周囲の整理整頓の状況

3 配管、器具等の故障の有無

4 室内換気の状況

その他

防火管理上必要な事項

電気設備

電灯器具

1 管灯表面の汚れの有無

2 管灯の故障、破損の有無

コード、配線

1 コード接続器具の破損等の有無

2 コード、配線の損傷の有無

3 接続部の異物付着の有無

その他

防火管理上必要な事項

別表第2

火気取締扱責任者

担当区域及び室名

議会事務局

事務局長

事務室、議事堂及び議会において管理する付属室

税務課

課長

事務室のうち課の区域及び収入役室

民生課

課長

事務室のうち課の区域及び保健用具室

産業振興課

課長

事務室のうち課の区域

水道下水道課

課長

事務室のうち課の区域

建設課

課長

事務室のうち課の区域、図面庫、相談室(大)及びコピー室(除く、印刷室)

企画調整課

課長

事務室のうち課の区域及び公害観測室

総務課

庶務係長

事務室のうち課の区域、町長室、助役室、応接室、電話交換室、会議室(除く3階)、当直室及び車庫

財政係長

ロビー、相談室(小)、印刷室、沸騰室(除く3階)、消耗品庫、和室、研修室、情報管理室、ボイラー室、電気室及び倉庫

別表第3

自衛消防隊組織編成表

自衛消防隊長 町長(自衛消防隊に対する指揮、命令、監督等を行う。)

自衛消防副隊長 副町長(隊長を補佐し、隊長が不在時は、その任務を代行する。)

班の編成

任務

指揮班

班長

班員

総務課長

総務課庶務係

企画調整課調整係

1 隊長、副隊長の補佐

2 自衛消防本部の設置

3 各班への命令の伝達及び情報の収集

4 消防本部への情報の提供及び災害現場への誘導

5 その他指揮統制上必要な事項

通報連絡班

班長

班員

企画調整課長

企画調整課広報統計係

1 消防本部への通報及び通報の確認

2 館内への非常通報及び指示命令の伝達

3 関係者への連絡

安全防護班

班長

班員

税務課長

総務課財政係

建設課建築係

建設課車両係

1 火災発生地区へ直行し、防火シャッター、防火戸、防火ダンパー等の閉鎖

2 非常電源の確保、ボイラー等危険物施設の供給運転停止

3 庁舎周辺の車両整理

消火班

班長

班員

建設課長

建設課土木係

建設課管理係

建設課水道下水道係

1 出火階に直行し、屋内消火栓及び消火作業による初期消火作業の実施

2 消防隊との連携及び補佐

避難誘導班

班長

班員

産業振興課長

産業振興課水産商工係

産業振興課農林係

1 出火階及び上層階に直行し、避難開始の指示命令の伝達

2 非常口の開放及び開放の確認

3 避難上障害となる物品の除去

4 逃げ遅れの確認及び本部への報告

5 ロープ等による警戒区域の設定

搬出班

班長

班員

民生課長

民生課町民係

税務課税務係

1 非常持出物の搬出

救護班

班長

班員

議会事務局長

議会事務局

出納課

まちなみ整備室

1 応急救護所の設置

2 負傷者の応急処置

3 救急隊との連携、情報の提供

豊浦町役場庁舎防火管理規程

昭和54年5月28日 規程第3号

(平成19年11月8日施行)