○豊浦町学校給食センター処務規程

昭和63年2月3日

教育委員会規程第1号

(趣旨)

第1条 豊浦町学校給食センターの処務については、この規程の定めるところによる。

(事務分掌)

第2条 豊浦町学校給食センター(以下「給食センター」という。)において取扱う事務は次のとおりとする。

(1) 公印の管守及び文書に関すること

(2) 給食センター内外の保清及び火気、盗難、風紀取締に関すること

(3) 予算、決算に関すること

(4) 物品及び資材の用度経理に関すること

(5) 給食センター運営委員会に関すること

(6) 給食費の収納調整に関すること

(7) 給食物資の収納及び検収に関すること

(8) 配送計画及び各学校との連絡調整に関すること

(9) 車両及び機械器具の使用管理に関すること

(10) ボイラーの運転管理に関すること

(11) 給食調理に関すること

(12) 食品衛生の管理徹底に関すること

(13) 給食の献立に関すること

(14) その他給食センターの管理運営に関すること

(責務の強調)

第3条 職員は、給食センター設立の目的使命に鑑み、その職責を深く自覚し職務の遂行に当つては、特に児童生徒の心身の健全な発達に資する、栄養価の充実と食品及び環境衛生の管理徹底に最善の注意と努力を払わなければならない。

(帳票)

第4条 給食センターは、次の帳票を備付けなければならない。

(1) 給食物資受払簿

(2) 給食配送票

(3) 給食費徴収台帳

(4) 給食費調定簿

(5) 支出命令書及び会計収支簿

(始業及び終業時間)

第5条 給食センターの始業及び終業時間は次の範囲とする。ただし、給食センター長が始業及び終業時間に変更する必要が生じた場合は、教育長の許可を得て給食事業に支障のない範囲内において、これを繰り下げ若しくは繰り上げることができる。

始業 午前7時45分 終業 午後4時30分

(勤務を要しない時間の指定)

第6条 職員の勤務を要しない時間の指定は教育長が行なう。

(作業着等の貸与)

第7条 職員で業務上必要があると認めた者に対し、作業着等を貸与することができる。

2 貸与を受けた職員は、勤務時間中必ず作業服を着用しなければならない。

3 作業着等の貸与に関し、必要な事項は別に定める。

(報告)

第8条 給食センター長は、給食センターの経営状況について、毎月教育長に報告しなければならない。

(適用規定)

第9条 給食センターの事務及び文書の処理については、豊浦町役場処務規程の例による。

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和63年1月3日から適用する。

附 則(平成14年3月1日教委規程第1号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

豊浦町学校給食センター処務規程

昭和63年2月3日 教育委員会規程第1号

(平成14年4月1日施行)

体系情報
第7類 育/第3章 学校教育
沿革情報
昭和63年2月3日 教育委員会規程第1号
平成14年3月1日 教育委員会規程第1号