○豊浦町社会館管理運営規則

昭和57年12月8日

規則第14号

(目的)

第1条 この規則は、豊浦町社会館条例(昭和57年条例第18号)第15条の規定に基き、豊浦町社会館の管理運営に関して必要な事項を定める事を目的とする。

(使用許可の申請)

第2条 条例第4条の規定により社会館を使用しようとする者は使用許可申請書(第1号様式)を使用3日前までに提出しなければならない。(許可を受けたものの申請事項変更も同じ。)但し特別の理由があると認められるときは、この期限によらないことができる。

(使用料の減免)

第3条 条例第12条の規定により使用料を減免できる団体等については別に定める。

(暖房料)

第4条 社会館の使用について、徴収する暖房料の額及び期間は別に定める。

(使用中の責任)

第5条 使用中の事故等は、使用者においてその責を負わなければならない。

(使用者等の厳守事項)

第6条 使用者は使用許可書記載事項を厳守するとともに参会者にも厳守させるものとし、又係員の指示に従う義務を負うものとする。

(使用時間)

第7条 社会館の使用時間は、午前9時より午後9時までとする。但し特に必要と認めたときには、これを変更することができる。

(休館日)

第8条 社会館の休館日は次のとおりとする。但し公用上(法律行為を含む。)特に必要なときは使用することができる。

(1) 毎週水曜日

(2) 年末年始(12月30日~1月5日まで)

(職員の立入)

第9条 町長は施設の管理上必要があると認めたときは、使用中であつても職員を使用施設内に立入らせることができる。

(その他必要事項)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は町長が定める。

2 町民以外の者が入場料又はこれに類するものを徴し、若しくは商行為を行うために使用する場合は、条例別表第1に定める20倍の額を徴収する。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像画像

豊浦町社会館管理運営規則

昭和57年12月8日 規則第14号

(昭和57年12月8日施行)