○豊浦町生きがいの家管理規則

昭和56年3月25日

規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、豊浦町生きがいの家設置条例(昭和56年条例第2号。以下「条例」という。)第3条の規定に基づき、豊浦町生きがいの家(以下「施設」という。)の管理に必要な事項を定めることを目的とする。

(運営委員会)

第2条 施設の円滑な運営を図るため、豊浦町生きがいの家運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、8名の委員をもつて組織し、次の区分により推せんを受けて、町長が委嘱する。

(1) 豊浦町老人クラブ連合会の役員 5名

(2) 施設利用団体の代表者 3名

3 委員会の委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(使用)

第3条 施設は、老人の使用に供するものとする。

2 前項の規定によるもののほか、老人福祉の増進を図るための集会にも使用させることができる。

(開館時間)

第4条 施設の開館時間は、次のとおりとする。ただし、町長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(1) 4月1日から9月30日まで 午前8時から午後6時まで

(2) 10月1日から3月31日まで 午前9時から午後5時まで

(休館日)

第5条 施設の休館日は、次のとおりとする。

(1) 毎週木曜日

(2) 年末年始(12月31日から1月5日まで)

(3) 前2号のほか、町長が必要と認めた日

(使用許可)

第6条 第3条第1項の規定により施設を利用しようとする者は、予め申出の上、使用するものとする。

2 第3条第2項の規定により施設を利用しようとする者は、使用申請書(別記様式)を提出し、許可を受けなければならない。

(使用料)

第7条 施設の使用料は、無料とする。ただし、町長が必要と認めたときは、有料とすることができる。

(備品の貸出し)

第8条 施設に備えつけた図書、その他の備品の貸出しはしない。

(費用の負担)

第9条 施設に備えつけた備品、その他の用具以外の使用に関する一切の費用は、使用者の負担とする。

2 使用者は、建物又は附属物件、若しくは設備を損傷又は破損したときは、町長の指示するところにより、その損害を賠償しなければならない。

(遵守事項)

第10条 使用者は、施設の使用にあたつては、次の事項を守らなければならない。

(1) 公の秩序又は施設の風俗を乱さないこと。

(2) 施設及び備品、その他の物件を汚損しないこと。

(3) 使用後は、使用場所の清掃及び使用備品、その他の物件の整理、整頓をすること。

(4) その他町長等が指示すること。

(許可の取消し及び使用の制限)

第11条 前条各号に違反した者は、使用の停止、又は使用の許可の取消しを受けるものとする。

(原状回復の義務)

第12条 使用者は、その使用が終つたとき、又は使用の停止、若しくは取消しを命ぜられたときは、直ちに使用場所を原状に復して返還しなければならない。

(管理人)

第13条 施設の維持管理のため、施設内に管理人を置く。

2 管理人は、施設及びその環境を良好な状態に維持するよう、使用者に必要な指導を与え、また、自らもそのように努めなければならない。

(雑則)

第14条 この規則に定めるもののほか、施設の管理、運営に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

豊浦町生きがいの家管理規則

昭和56年3月25日 規則第1号

(昭和56年3月25日施行)