○豊浦町老人日常生活用具給付等事業実施要綱

平成3年4月1日

要綱第4号

(目的)

第1条 この要綱は、豊浦町に住所を有する者で、長期にわたって臥床している老人、ひとり暮らし老人等(以下「寝たきり老人等」という。)に対し、特殊寝台等の日常生活用具(以下「用具」という。)を給付又は貸与(以下「給付等」という。)することにより、日常生活の便宜を図り、その福祉の増進に資することを目的とする。

(用具の種目及び給付等の対象者)

第2条 給付等の対象となる用具は、別表1の「種目」欄に掲げる用具とし、その対象者は、同表の「対象者」欄に掲げる者とする。

(用具の給付等の実施)

第3条 用具の給付等は、原則として、寝たきり老人等又はこの者の属する世帯の生計中心者からの申出に基づき行うものであること。

2 町長は、用具等の申請があった場合は、本要綱を基にその必要性を検討したうえで決定するものとする。

3 給付等を行う日常生活用具の種類及び費用負担区分は、老人の心身の状況、住居の状況及び世帯の状況等を踏まえ決定すること。

4 用具の給付等を受けた者又はこの者の属する世帯の生計中心者は、別表2の基準により、必要な用具の購入等に要する費用の一部又は全部を負担するものとする。なお、この場合、原則として、負担する額は日常生活用具の引き渡しの日に直接業者に支払うものとする。

5 車いす及び歩行器については、適当なレンタル業者がいない場合等別表1に掲げる区分により難い場合は、別表1の区分にかかわらず給付できるものとする。

6 特殊寝台、浴槽、入浴担架、緊急通報装置、痴呆性老人徘徊感知機器、車いす及び歩行器を業者に委託して貸与する場合の貸与期間は、貸与決定の日からその日の属する会計年度の終了の日までとする。ただし、貸与期間が終了する日までに貸与取消の決定を行わないときは、その日の翌日から起算して1年間は引き続き効力を有するものとする。

7 業者に支払う特殊寝台、浴槽、入浴担架、緊急通報装置、痴呆性老人徘徊感知機器、車いす及び歩行器の貸与に要する費用については、一被貸与者に係る町が負担する額の総額は、貸与期間が連続又は継続を問わずこれを通算し、年度を単位として算定する。この場合の総額は、別表3欄に定める基準額から別表2の利用者負担を控除した額の範囲内とする。

(費用の請求)

第4条 用具を納付した業者が町長に請求できる額は、用具の給付等に必要な用具の購入等に要する費用から用具の給付を受けた者又はこの者に属する世帯の生計中心者が直接業者に支払った額を控除した額とする。

(申請書等様式)

第5条 給付申請書等の様式については、豊浦町重度身体障害者日常生活用具給付等事業実施要綱の様式を準用するものとする。

(給付等台帳の整備)

第6条 町長は、用具の給付等の状況を明確にするため「日常生活用具給付・貸与台帳」を整備するものとする。

附 則

この要綱は、平成3年4月1日から施行する。

別表1

老人日常生活用具

区分

種目

対象者

性能

給付

特殊寝台

おおむね65歳以上のねたきり老人

おおむね次のような性能を有するものであること。

ア 使用者の背部又は脚部の傾斜角度を調整する機能を有するものであること。

イ 床の高さを適度に定めるとともに落下防止柵を取付け安全の確保が配慮されたものであること。

浴槽及び湯沸器

同上

ア 浴槽

実用水量150l以上で、洋式又はこれに準ずる型式のものであること。

イ 湯沸器

浴槽の性能等に応じたもので安全性について配慮されたものであること。

マットレス

同上

長時間の連続使用に耐え得るもので保温及び内部の湿気の放出等について十分配慮されたものであること。

エアーパット

同上

褥瘡の防止のためのものであって、エアー・マットと送風装置からなるものであること。

腰掛便座

(便器)

同上

老人の排便のために便利なものであること。

特殊尿器

同上

尿が自動的に吸引されるもので老人又は介護者が容易に使用し得るものであること。

入浴担架

同上

老人を担架に乗せたままリフト装置により入浴させるものであること。

体位変換器

同上

介護者が老人の体位を変換させるのに容易に使用し得るものであること。

緊急通報装置

おおむね65歳以上のひとり暮らしの老人

ひとり暮らし老人が身につけることが可能で、ごく簡単な操作により緊急事態を自動的に受信センター等に通報することが可能な機器とする。

レンタル

車いす

おおむね65歳以上の老人であって下肢が不自由な者

老人の身体機能の状態を十分踏まえたものであって、必要な強度と安定性を有するもの

歩行器

おおむね65歳以上の老人であって下肢が不自由な者

老人の身体機能の状態を十分踏まえたものであって、必要な強度と安定性を有するもの

給付

痴呆性老人徘徊感知機器

おおむね65歳以上の痴呆性老人であって徘徊を伴う者の属する世帯の世帯主

徘徊を伴う痴呆性老人が屋外ヘ出ようとした時、出口に設置したセンサーにより感知し、家族及び隣人等へ通報することが可能な機器とする。

火災警報器

おおむね65歳以上の低所得のねたきり老人、ひとり暮らし老人等

屋内の火災を煙又は熱により感知し、音又は光を発し、屋外にも警報ブザーで知らせ得るものであること。

自動消火器

同上

室内温度の異常上昇又は炎の接触で自動的に消火液を噴出し初期火災を消火し得るものであること。

貸与

老人用電話

おおむね65歳以上の低所得のひとり暮らし老人等

加入電話

別表2

日常生活用具給付等事業費用負担基準

利用者世帯の階層区分

利用者負担額

A

生活保護法による被保護世帯(単給世帯を含む。)

O円

B

生計中心者が前年所得税非課税世帯

O 

C

生計中心者の前年所得税課税年額が9,600円以下の世帯

16,300 

D

生計中心者の前年所得税課税年額が9,601円以上32,400円以下の世帯

28,400 

E

生計中心者の前年所得税課税年額が32,401円以上42,000円以下の世帯

40,600 

F

生計中心者の前年所得税課税年額が42,001円以上の世帯

全額

別表3

1区分

2種目

3基準額

4対象経費

在宅援護等事業

日常生活用具給付等事業費

次により算出した額の合算額から用具の給付を受けた者又はその扶養義務者(世帯の設計中心者)の負担すべき額の合算額を控除した額


(1) 浴槽

60,800円×購入数


(2) 湯沸器

56,500円×購入数


(3) 便器

4,450円×購入数


(4) 手すり

5,400円×購入数


(5) マットレス

15,500円×購入数


(6) 訓練用ベット

70,100円×購入数


(7) 特殊マット

19,600円×購入数


(8) 電動タイプライター

ア ひらがなタイプライター

150,900円×購入数

イ 和文タイプライター

197,800円×購入数


(9) 盲人用テープレコーダー

25,600円×購入数


(10) 盲人用時計

ア 触読時計

10,300円×購入数

イ 音声時計

15,500円×購入数


(11) 盲人用タイムスイッチ

3,750円×購入数


(12) 訓練椅子

33,100円×購入数


日常生活用具給付等事業に必要な需要費(消耗品費)、備品、購入費、扶助費使用料及び賃借料

ただし電話については、設置に必要な仮設工事費及び電話加入料

 

 

(13) テープレコーダー

25,600円×購入数


(14) 特殊便器

244,700円×購入数


(15) 盲人用カナタイプライター

34,000円×購入数


(16) エアーパット

82,400円×購入数


(17) 腰かけ便座(便器)

9,800円×購入数


(18) 特殊寝台

70,100円×購入数


(19) 点字タイプライター

63,100円×購入数


(20) 盲人用電卓

53,600円×購入数


(21) 電動歯ブラシ

9,300円×購入数


(22) 電磁調理器

45,400円×購入数


(23) ガス警報機

ア 都市ガス用

7,100円×購入数

イ LPガス用

5,800円×購入数


(24) 特殊尿器

72,100円×購入数


(25) 火災警報器

15,500円×購入数

(ただし、1世帯につき2台を限度とする。)


(26) 自動消火器

30,900円×購入数


(27) 盲人用音声式体温計

10,100円×購入数

 

 

 


(28) 入浴担架

82,400円×購入数


(29) 盲人用秤

3,750円×購入数


(30) 体位変換器

15,000円×購入数


(31) 透折液加温器

51,500円×購入数


(32) 老人・障害者用電話(新規設置の場合のみ)

83,300円×設置台数


(33) ファックス

7,700円×設置台数


(34) 視覚障害児・者用ワードプロセッサー

1,030,000円×設置台数


(35) 緊急通報装置

66,000円×設置台数


(36) ワードプロセッサー(肢体不自由者(児)用)

41,200円×購入数


(37) 痴呆性老人徘徊感知機器

139,000円×設置台数


(38) 酸素ボンベ運搬車

25,800円×購入数


(39) サウンドマスター

36,100円×購入数


(40) 聴覚障害者用目覚時計

15,300円×購入数


(41) 聴覚障害者用屋内信号灯

17,800円×購入数


(42) 聴覚障害者用屋内信号装置

87,400円×購入数


(43) 車いす

ア レンタル

 

 

 

4,500円×利用月数

イ 給付

70,400円×購入数


(44) 歩行器

ア レンタル

3,000円×利用月数

イ 給付

35,100円×購入数


(45) 重度障害者用意志伝達装置

500,000円×購入数


(46) 頭部保護帽

16,300円×購入数

 

豊浦町老人日常生活用具給付等事業実施要綱

平成3年4月1日 要綱第4号

(平成3年4月1日施行)