○豊浦町営火葬場条例

昭和47年6月30日

条例第16号

(趣旨)

第1条 豊浦町営火葬場(以下「火葬場」という。)の設置、使用その他必要な事項は、この条例の定めるところによる。

(設置)

第2条 火葬場を次のとおり設置する。

豊浦町営火葬場

豊浦町字東雲町113番地の2

(使用の手続)

第3条 火葬場を使用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

2 火葬場を使用する場合は、使用許可書を火葬場管理人に提示して、その指示を受けるものとする。

(使用料)

第4条 前条第1項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、別表に定める使用料を納入しなければならない。

(使用料の減免)

第5条 町長は、次の各号の一に該当する場合は、使用料を減免することができる。

(1) 貧困等により使用料を納付する資力がないと認めるとき。

(2) その他特別の事由があると認めるとき。

(委任)

第6条 この条例の施行について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

1 この条例は、公布の日から施行し、昭和47年6月1日から適用する。

2 昭和26年豊浦町条例第20号豊浦町火葬場使用条例は、廃止する。

附 則(昭和49年6月20日条例第24号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和51年3月25日条例第7号)

この条例は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年3月25日条例第11号)

この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

別表

区分

死亡者が死亡時に本町に住所を有していたとき、又は使用者が本町に住所を有しているとき

左記以外のとき

 

13歳以上(1体につき)

13歳未満(1体につき)

改葬・身体の一部

死産児

10,000 

4,000 

4,000 

4,000 

20,000 

8,000 

8,000 

8,000 

豊浦町営火葬場条例

昭和47年6月30日 条例第16号

(昭和55年3月25日施行)

体系情報
第8類 生/第2章 保健衛生
沿革情報
昭和47年6月30日 条例第16号
昭和49年6月20日 条例第24号
昭和51年3月25日 条例第7号
昭和55年3月25日 条例第11号