○交通安全指導員設置規程

昭和46年4月1日

規程第1号

(目的)

第1条 この規程は、豊浦町交通安全指導員を設置し住民の交通事故防止と地域実践運動の高揚を図ることを目的とする。

(設置)

第2条 指導員は、人格が高潔で社会的信望があり交通安全運動に対し積極的に熱意をもつて活動できる人を町長が委嘱する。

(指導員の職務)

第3条 指導員は、次に掲げる事項を重点とする。

(1) 一般歩行者に対しては正しい歩行を指導する。

(2) 幼児学童及び老人等に対しては、安全な通行の保護誘導する。

(3) 自動車の安全な通行を指導する。

(4) 路上遊戯についての警告指導する。

(5) 交通安全運動に積極的に参加し、交通安全思想の普及に務める。

(災害の補償)

第4条 指導員は(道路交通法(昭和35年法律第105号第2条第1号に規定する道路をいう。)において、歩行者の安全をはかるため町長の計画のもとに交通指導に従事中交通災害を受けた者(町長が災害と認めた者に限る。)については、豊浦町非常勤の職員の公務災害補償に関する条例に基づき補償する。

(平28訓令50・一部改正)

(町民交通傷害保険加入)

第5条 指導員の町民交通傷害保険加入金は町費負担とする。

(平28訓令50・全改)

(被服の貸与)

第6条 指導員には制服を貸与する。

2 指導員は、交通安全関係職に従事するときは、制服を着用しなければならない。

(任期)

第7条 指導員の任期は2年とする。

(報償金)

第8条 町長は、交通安全指導員の活動に対し、予算の範囲内において報償金を支払うものとする。

(平28訓令50・追加)

附 則

この規程は、昭和46年4月1日から実施する。

附 則(平成28年12月27日訓令第50号)

この規程は、公布の日から施行し、平成28年4月1日から適用する。

交通安全指導員設置規程

昭和46年4月1日 規程第1号

(平成28年12月27日施行)

体系情報
第8類 生/第7章 交通対策・生活安全
沿革情報
昭和46年4月1日 規程第1号
平成28年12月27日 訓令第50号