○交通安全婦人指導員設置規程

昭和50年4月1日

規程第1号

(目的)

第1条 この規程は豊浦町婦人指導員を設置し、学童、幼児等の登下校(園)時の交通事故防止を図ることを目的とする。

(設置)

第2条 指導員は、品行方正で児童、幼児の愛護精神に富む者であり、身体強健でかつ交通安全指導に熱意をもつて活動できる人を町長が委嘱する。

(任務)

第3条 指導員の任務は、次のとおりとする。

(1) 学童の登下校時における交通指導

(2) 一般歩行者に対する交通指導

(3) 町民に対しての交通安全思想の普及

(4) その他特命事項

(災害の補償)

第4条 指導員は、道路(道路交通法(昭和35年法律第105号。)第2条第1号に規定する道路をいう。)において、歩行者の安全をはかるため町長の計画のもとに交通指導に従事中交通災害を受けた者(町長が災害と認めた者に限る。)について、豊浦町非常勤の職員の公務災害補償に関する条例に基づき補償する。

2 上記に該当する者については、北海道交通指導協力者交通災害見舞金等交付要綱に基づき交付補償する。

3 指導員の交通災害共済加入金は、町費負担とする。

(被服の貸与)

第5条 指導員には制服を貸与する。

2 指導員は、交通安全指導に従事するときは、制服を着用しなければならない。

(任期)

第6条 指導員の任期は、2年とする。

(給与)

第7条 指導員の給与は、月額報酬とし、毎年度町長が定める。

(費用弁償)

第8条 指導員は、町長が必要と認めた出張は豊浦町旅費条例3等級相当の費用弁償を支給する。

附 則

この規程は、昭和50年4月1日から実施する。

交通安全婦人指導員設置規程

昭和50年4月1日 規程第1号

(昭和50年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第7章 交通対策・生活安全
沿革情報
昭和50年4月1日 規程第1号