○豊浦町消費生活相談員設置に関する規程

昭和59年6月1日

規程第4号

(設置の目的)

第1条 町民の消費生活に関する意見、苦情、相談等に対し、適切な処置を講じ、もつて町民生活の安定と向上を図るため、豊浦町消費生活相談員(以下「相談員」という。)を置く。

(委嘱)

第2条 北海道消費生活コンサルタント1名を町長が委嘱する。

(職務)

第3条 相談員は次の職務を行う。

(1) 消費生活モニターの指導及び各種資料、情報等の収集と提供

(2) 消費生活に関する苦情、相談等に対する処置及び取りまとめ

(3) その他必要と認められる事項

(任期)

第4条 相談員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

(報酬等)

第5条 相談員の報酬等は、豊浦町特別職職員の給与等に関する条例(昭和33年条例第5号)に基づき支給する。

(その他)

第6条 この規程に定めるほか必要な事項は別に定める。

附 則

この規程は、昭和59年6月1日から施行する。

豊浦町消費生活相談員設置に関する規程

昭和59年6月1日 規程第4号

(昭和59年6月1日施行)

体系情報
第9類 業/第1章 商工・観光
沿革情報
昭和59年6月1日 規程第4号