○豊浦町小団地開発整備事業補助規則

昭和32年2月6日

規則第1号

(趣旨)

第1条 豊浦町における小団地の開発整備を促進し新農山漁村建設総合対策による特別助成と相まつて農山漁村の振興を図るため小団地開発整備事業に要する経費に対し、この規則の定めるところにより予算の範囲内で補助金を交付する。

(定義)

第2条 この規則で「小団地開発整備事業」とは「北海道小団地開発整備事業補助規則による補助対象事業種目及び実施基準」に基き実施するものをいう。

(補助対象)

第3条 補助金は次の各号に掲げる事業主体が行う小団地開発整備事業に要する経費に対し交付する。

(1) 農業協同組合

(2) 森林組合

(3) 共同施行者

(補助率)

第4条 補助金は次に掲げる率によつて交付する。

(1) 農道 当該事業費の10分の2以内

(2) 機械揚水、及びかんがい 当該事業費の10分の4以内

(3) 客土、床締、暗きよ排水、ため池、頭首工、用排水路、区画整理、共同増反、開墾、開拓附帯地草生改良、牧野草生改良、牧野隔障物設置、牧野かんがい排水、牧道及び林道 当該事業費の10分の3以内

(4) その他小団地開発整備要綱により知事から(1)から(3)までに掲げる事業に準ずる事業として承認された事業 当該事業費の10分の3以内

(申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする事業主体は選定通知を受けた日から25日以内に別記第1号様式の小団地開発整備補助金交付申請書に次の各号に掲げる書類を添えて各8通を町長に提出しなければならない。

(補助指令)

第6条 町長は前条の書類を受理したときは内容を審査の上補助金の交付を指令する。

(事業計画の変更)

第7条 事業主体は小団地開発整備事業の実施に係る次の行為をしようとするときはあらかじめ別記第3号様式の事業計画変更承認申請書に別記第4号様式の書類を添えて各8通を町長に提出しその承認を得なければならない。

(1) 小団地開発整備事業の地区及び事業種目を変更し、又は小団地開発整備事業を廃止すること。

(2) 小団地開発整備事業の事業主体を変更すること。

(3) 小団地開発整備事業についての事業費又は事業量の1割以上の変更をすること。

(事業実施状況報告)

第8条 事業主体は事業に着手したとき及び事業を完了したときは別記第5号様式の事業着手(完了)届8通をすみやかに町長に提出しなければならない。

2 事業主体はその実施事業の毎月末現在の実施状況について別記第6号様式の状況報告書8通を翌月3日までに町長に提出しなければならない。

(事業遅延又は遂行困難なときの措置)

第9条 事業主体は補助事業が予定期間に完了しなかつたとき若しくは完了しないことが明らかになつたとき又は補助事業の遂行が困難となつたときはすみやかにその理由及び補助事業の遂行状況を記載した書類8部を町長に提出し指示を求めなければならない。

(事業の完成検査)

第10条 町長は第8条第1項の事業完了届を受理したときは、事業の完成検査を行う。

(補助金の交付)

第11条 補助金は前条の完成検査の終了後交付する。ただし、町長が必要と認めるときは前金払をすることができる。

(事業実績報告)

第12条 補助金の交付を受けた事業主体は別記第7号様式の事業実績報告書に別記第8号様式の書類を添えて8通を翌年3月31日までに町長に提出しなければならない。

(書類の整備)

第13条 補助金の交付を受けた事業主体は、費用の収支その他事業に関する書類及び帳簿を備え、当該職員の要求があつたときは、これを提示しなければならない。

(補助指令の取消及び補助金の返還)

第14条 補助金の交付を受けた事業主体が次の各号の一に該当するときは町長は補助金の指令を取り消し又は既に交付した補助金の全部若しくは一部の返還を命ずることができる。

(1) この規則に違反したとき。

(2) 補助金交付の条件に違反したとき。

(3) 不正の行為があつたとき。

(4) 支出額が予算額に比べ減少したとき。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行し、昭和31年8月3日から適用する。

附 則(平成19年3月26日規則第5号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

豊浦町小団地開発整備事業補助規則

昭和32年2月6日 規則第1号

(平成19年4月1日施行)