○豊浦町火入許可規則

昭和28年4月1日

規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、豊浦町に於ける山火の原因が火入に起因するものが多い実状に鑑み、これを防止するため森林法第21条の規定による火入の許可に必要な事項を定めるものとする。

(防火設備)

第2条 火入をなさんとする者(以下「火入者」という。)は、予め火入地の周囲3間以上柴草、落葉、枯損木その他可燃物を除去するの外、水及びポンプ、バケツ、鍬、鎌等の消火器具を用意して置かなければならない。

(許可申請)

第3条 火入者は、予め近接する森林所有者又は管理者並びに所属森林愛護組合長の承認を得た後別記第1号様式の許可申請書1通を町長に提出しなければならない。

(許可)

第4条 町長は、前条の申請のあつた場合防火設備内容その他山火の危険がないものと認めた場合、且つ、火入地の面積が1町歩を超えない範囲で許可証を交付する。

2 前項の許可証は、別記第2号様式とする。

3 火入期間は、7日を超えない期間とする。

(火入の連絡)

第5条 火入者が火入の当日火入前に管轄消防団長及び森林愛護組合長に、その旨連絡しなければならない。

(火入従事者の配置)

第6条 火入の許可を受けた者が火入をしようとする場合は、その面積に応じ下記の火入従事者を配置しなければならない。

5反歩以内のとき 10人以内

1町歩以内のとき 15人以上

(許可証の携帯)

第7条 火入許可証は、火入者に於いて火入の際これを携帯しなければならない。

(火入の制限)

第8条 火入は、火災警報発令中、道及び町が発令する無煙期間中及び風勢のおだやかでないときは火入をしてはならない。

2 火入中にその様な事態が生じた場合は、直ちに中止しなければならない。

(火入の方法)

第9条 火入は、概ね次の方法によらなければならない。

(1) 火入は、夕刻を選ぶ事

(2) 風のあるときは、風下より、傾斜地のときは、上地より、且つ、火入地の一方より順次に行う。

(3) 火入従事者は、火入完了後火気が完全に消滅した後でなけれはその場を立去つてはならない。

(許可証の返還)

第10条 火入者に於いて、火入完了後又は火入期間経過後は、許可証を速やかに町長に返還しなければならない。

附 則

この規則は、昭和28年4月1日から施行する。

画像

画像

豊浦町火入許可規則

昭和28年4月1日 規則第2号

(昭和28年4月1日施行)