○豊浦町軽度生活援助事業実施要綱

平成12年4月21日

要綱第5号

(目的)

第1条 この要綱は簡易な日常生活上の援助を行うことにより、在宅の一人暮らしの高齢者等の自立した生活の継続を可能にするとともに、要介護状態への進行を防止するために生活援助員等を派遣することを目的とする。

(実施主体及び委託機関)

第2条 この事業の実施主体は豊浦町とし、社会福祉法人豊浦町社会福祉協議会等に委託することができる。

(委託料の支払)

第3条 軽度生活援助事業の委託料は、別に定める委託契約に基づいて支払うものとする。

(利用対象者)

第4条 町内に住所を有する者で、介護保険の要介護認定において非該当と判定されたおおむね65歳以上の在宅高齢者のうち、支援の必要な者とする。

(利用回数)

第5条 この事業の利用回数は1人1週間に1回とする。

(事業内容)

第6条 この事業で行うサービスは、調理、洗濯、掃除、買い物等の家事援助及び町長が必要と認めた生活援助とする。

(利用料)

第7条 利用者は利用料として、そのサービスを受けた日1日あたり介護予防訪問介護費(Ⅰ)の単位数に準じて算出した金額を町長に支払わなければならない。

(平24訓令8・一部改正)

(利用の決定)

第8条 軽度生活援助サービスを受けようとする者は、別に定める軽度生活援助サービス事業利用申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は申請に基づき、申請者の状況及び世帯の状況等を調査し、利用の要否を決定するものとする。

3 町長は、利用が適当と認めた場合は、別に定める軽度生活援助サービス事業利用決定書(様式第2号)を利用決定者に交付しなければならない。

(派遣の廃止)

第9条 町長は、次の各号のいずれかに該当する場合には、生活援助員等を派遣せず、または中止することができる。

(1) 重傷の精神病またはその他の疾病で入院を要することとなった場合

(2) その他の事情により派遣することが不適当と認めた場合

(その他)

第10条 この要綱に関し、必要な事項は町長が定める。

附 則

この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成24年5月2日訓令第8号)

この訓令は、公布の日から施行し、平成24年4月1日から適用する。

画像

画像

豊浦町軽度生活援助事業実施要綱

平成12年4月21日 要綱第5号

(平成24年5月2日施行)