○豊浦町公費造林推進事業補助金交付条例

平成12年3月22日

条例第27号

(目的)

第1条 この条例は、豊浦町における造林推進を図るために、町が行う公費造林推進事業(以下「事業」という。)の補助金の交付について、必要な事項を定めることを目的とする。

(補助の範囲及び対象者)

第2条 事業補助の範囲は、造林事業とし原則として国・道補助対象事業に対する事業費の一部を補助する。ただし、未立木地造林事業は除く。

2 補助対象者は、町内及び町外の森林所有者とする。

(補助対象経費及び補助率等)

第3条 補助金交付の対象経費及び補助率等は、別表1のとおりとする。

(補助金の交付申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする者は、町長が定める期日までに、補助金交付申請書に次の書類を添えて申請しなければならない。

(1) 事業計画書(事業計画及び経費の配分)

(2) 町長は、前項のほか必要と認める書類の提出を求めることができる。

(補助金の交付決定)

第5条 町長は、前項の規定による申請を受理したときは、速やかにその内容を審査し補助金の交付を決定するとともに補助金交付を指令するものとする。

(事業の届出)

第6条 補助金交付の指令を受けた者は、事業が完了したとき又は事業を中止したときは、事業完了(中止)届に事業実績書(事業実績及び経費の配分)を添えて町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項のほか必要と認める書類の提出を求めることができる。

(事業の検定)

第7条 町長は、前条の規定により届出を受理したときは当該事業について検定を行う。

2 町長は、前項の検定終了後に補助金を交付する。

(補助金交付決定の取消し及び返還)

第8条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、補助金の全部若しくは一部の返還を命ずることができる。

(1) 補助金を他の用途に使用したとき。

(2) 補助事業の執行に関し、補助金交付決定の内容又はこれに付した条件に違反したとき。

(3) 虚偽の申請その他不正な行為があったとき。

(雑則)

第9条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は町長が定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

別表1(第3条関係)

事業種目

事業内容及び対象基準

補助対象経費

補助率等

造林事業

1 植栽事業(新植)


北海道の補助査定経費

補助対象経費の5%以内

 

2 作業路

事業に要する経費

国・道補助金残の20%

豊浦町公費造林推進事業補助金交付条例

平成12年3月22日 条例第27号

(平成12年3月22日施行)