○豊浦町合併処理浄化槽の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年12月28日

規則第14号

(設置申請)

第2条 条例第4条第1項の規定による申請は、合併処理浄化槽設置申請書(別記第1号様式)を町長に提出して行うものとする。

(工事計画の承認等)

第3条 町長は、条例第4条第1項の規定により合併処理浄化槽設置工事計画を作成し、同条第1項の申請をした者に承認を求めるときは合併処理浄化槽設置工事計画書(別記第2号様式)により行うものとする。

2 設置申請者は、町長が提示した工事計画書に異議があるときは、合併処理浄化槽設置工事計画変更申請書(別記第3号様式)を町長に申請するものとする。

3 設置申請者は、第1項の規定により町長から承認を求められた者は、合併処理浄化槽設置工事計画を承認するときは、合併処理浄化槽設置工事計画承認書(別記第4号様式)を町長に提出するものとする。

4 設置申請者は、第1項及び第2項並びに第3項の規定に基づき、工事計画書の内容を承認したときは、合併処理浄化槽設置に要する用地の使用貸借契約書(別記第5号様式)を締結するものとする。

(設置完了の通知)

第4条 町長は、合併処理浄化槽の設置が完了したときは、合併処理浄化槽設置工事完了通知書(別記第6号様式)により第2条の規定による申請をした者に通知するものとする。

(使用開始等の届出)

第5条 条例第8条の規定による届出は、合併処理浄化槽使用開始(休止・廃止・再開・変更)(別記第7号様式)を町長に提出して行うものとする。

(排水施設の譲渡)

第6条 条例第10条の規定により排水施設を譲渡しようとする者は、合併処理浄化槽無償譲渡届(別記第8号様式)を町長に提出して行うものとする。

(排除汚水量の認定基準)

第7条 条例第13条第2項の規定による排除汚水量の認定基準は、1か月につき1人当り8立方メートルとし、1人増毎に4立方メートルを加えて得た量とする。ただし、認定水量が著しく不適当と認めるときは、町長はその事実を勘案して認定する。

2 前項の汚水排除量認定基準に変更が生じた場合は、汚水排除量認定基準異動届(別記第9号様式)を町長に提出するものとする。

(使用料の減免)

第8条 条例第14条第2項の規定により使用料の減額又は免除を受けようとする者は、合併処理浄化槽使用料減免申請書(別記第10号様式)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の規定による申請があったときは、これを審査し減免するかどうかを決定し、合併処理浄化槽使用料減免決定通知書(別記第11号様式)により当該申請をした者に通知するものとする。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

豊浦町合併処理浄化槽の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年12月28日 規則第14号

(平成17年12月28日施行)