○豊浦町普通財産の貸付に関する要綱

平成19年3月30日

要綱第4号

(趣旨)

第1条 この要綱は、豊浦町が所有する普通財産の貸付に関し必要な事項を定めるものとする。

(貸付基準)

第2条 普通財産の貸付は、その財産の所在する地域の環境、利用計画等を十分に検討し、町有財産の有効利用が図られるものでなければならない。

2 貸付期間については、短期(1年未満)の貸付のみとする。借受者が公共用に利用する場合又は町長が特に認めた場合はその限りではない。

(貸付料の額)

第3条 普通財産の貸し付け料の算出方法については、豊浦町行政財産使用条例(平成19年条例第4号)の算出方法を準用する。

2 貸付料を算出した結果、1,000円/年を満たない時は、前項の規定に関わらず、これを1,000円とする。

3 貸付料の精算は、貸付期間終了後又は年度末に借受者に請求する。

(貸付事項)

第4条 普通財産の貸付にあたっては、その目的、貸付期間、貸付料のほか、次に掲げる事項を明記しなければならない。

(1) 貸付財産を指定された目的用途以外に使用しないこと。

(2) 借受人が町の承認を得ないで貸付財産を第三者に転貸し、又は賃借権を譲渡しないこと。

(3) 貸付期間中であっても、公共用、公用又は公益事業の用に供するため必要が生じたときは、契約を解除することができること。

(4) 原状を変更したときは、町が認めるものを除くほか、返還の際、借受人において原状に復すること。

(5) その他必要な事項

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成19年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この要綱は、施行日以後の許可に係る貸付料について適用し、同日前の許可に係る貸付料について、なお従前の例による。

豊浦町普通財産の貸付に関する要綱

平成19年3月30日 要綱第4号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第6類 務/第2章 契約・財産
沿革情報
平成19年3月30日 要綱第4号