○豊浦町妊婦健康診査実施要綱

平成21年3月3日

訓令第3号

(目的)

第1条 この要綱は、母子保健法(昭和40年法律第141号)第13条第1項に基づき実施する妊婦健康診査(以下「健康診査」という。)の一層の徹底を図るため、健康診査に要する費用を負担することにより、妊婦の経済的負担と精神的不安を軽減し、安心・安全な出産につなげることを目的とする。

(平30訓令40・一部改正)

(対象)

第2条 健康診査の対象は、豊浦町に住所を有する妊婦とする。

(実施医療機関等)

第3条 健康診査は、北海道が市町村の代理として協定を締結している医療機関及び助産所で実施するものとする。

2 里帰り出産等、町長が特に認めた場合は、前項以外の医療機関及び助産所で実施することができる。

(健康診査の内容及び回数)

第4条 健康診査の内容は、北海道の「健康診査実施要綱」(以下「北海道要綱」という。)の定めによるものとする。

2 健康診査の回数は、次のとおりとする。

(1) 妊婦一般健康診査は、1人につき14回を限度とする。

(2) 超音波検査は、1人につき11回を限度とする。

(平30訓令40・一部改正)

(受診票の交付等)

第5条 町長は、母子保健法に基づく妊娠届出があったときは、妊婦一般健康診査受診票(以下「一般受診票」という。)及び超音波検査受診票(以下「超音波受診票」という。)を交付するものとする。

2 町長は、町外からの転入者が、健康診査の対象であることを確認したときは、前項の一般受診票及び超音波受診票(以下「受診票」という。)を交付するものとする。

(健康診査費用の負担)

第6条 町が負担する健康診査の費用は、次のとおりとする。

2 第3条第1項による場合は、北海道が「医療機関等に委託して行う妊婦健康診査及び乳児健康診査実施要領」に定めた委託単価とする。

3 第3条第2項による場合は、受診者が医療機関及び助産所で支払った金額を、前項の委託単価を上限とし償還払いする。

(健康診査費用の請求及び支払い)

第7条 健康診査費用の請求及び支払いは、次のとおりとする。

2 前条第2項については、北海道要綱の定めによるものとする。

3 前条第3項については、妊婦健康診査費支給申請書(様式第1号)に領収書及び母子健康手帳を添えて、町長に請求するものとする。

4 町長は、前項の請求があったときは、内容を審査し適正と認めるときは速やかに当該費用を支払うものとする。

(平30訓令40・一部改正)

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

(施行期日等)

1 この訓令は、公布の日から施行し、平成21年2月1日から適用する。

(受診票の交付等の特例)

2 平成20年度中に受診する2回目、3回目、6回目、7回目、9回目、10回目及び12回目から14回目までの健康診査に限り受診票を交付しない。

(健康診査費用の請求及び支払い)

3 前項に係る健康診査費用については、第7条第3項及び同条第4項の規定によるものとし、平成21年度の支出とする。

附 則(平成23年4月1日訓令第2号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年6月25日訓令第40号)

この訓令は、公布の日から施行し、平成30年4月1日から適用する。

(平30訓令40・全改)

画像

豊浦町妊婦健康診査実施要綱

平成21年3月3日 訓令第3号

(平成30年6月25日施行)