○豊浦町福祉灯油給付事業に関する実施要綱

平成21年12月8日

訓令第20号

(目的)

第1条 この要綱は、一定水準以下の低所得者世帯に対し、冬期採暖に必要な灯油等の一部を支給することによって、当該世帯の負担の軽減を図ることを目的とする。

(平29訓令47・一部改正)

(支給の対象)

第2条 支給の対象は、当該年度の11月1日現在において、豊浦町に居住し、住民基本台帳に登載されている世帯で、次の各号に該当する前年度町民税が世帯全員非課税の世帯(以下、「対象者」という。)とする。ただし、生活保護法(昭和25年法律第144号)第11条第1項に規定による生活保護受給世帯及び単身世帯において社会福祉施設等に入所又は病院等に入院している世帯並びに冬期間において町外に滞在している世帯を除くものとする。

(1) 高齢者世帯

満70歳以上の在宅の高齢者世帯(ただし、配偶者が70歳未満の夫婦世帯を含む。)。

(2) 重度心身障害者世帯

豊浦町重度心身障害者及びひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例(昭和48年条例第28号)第2条第1項に規定する重度心身障害者に該当する者又は、その者が同居している世帯。

(3) ひとり親家庭世帯

母子及び父子並びに寡婦福祉法(昭和39年法律第129号)第6条第1項に規定する配偶者のない女子又は同条第2項に規定する配偶者のない男子が満18歳未満の児童を扶養している世帯で、児童扶養手当法(昭和36年法律第238号)の規定による児童扶養手当を受給している世帯。

(平29訓令47・一部改正)

(支給の量)

第3条 支給の量は、一世帯あたり灯油150リットル以内を支給するものとする。ただし、薪等の場合は灯油150リットル以内相当額分を支給する。

(平26訓令37・平29訓令47・一部改正)

(支給の申請)

第4条 対象者が支給を受けようとするときは、当該年度の1月31日までに豊浦町福祉灯油等引換券交付申請書(様式第1号)により申請しなければならない。

(平29訓令47・一部改正)

(支給の認定)

第5条 町長は前条の規定により申請を受けたときは、その内容を審査した上で、支給の可否を決定し、対象と認めたときは豊浦町福祉灯油引換券等交付決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。また、却下したときは、豊浦町福祉灯油引換券等交付申請却下通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(平29訓令47・一部改正)

(支給の方法)

第6条 支給については、対象者に豊浦町福祉灯油引換券(様式第4号以下「引換券」という)を交付するものとする。ただし、薪等の場合は現金支給するものとする。

(平29訓令47・一部改正)

(福祉灯油の購入)

第7条 対象者は、販売業者に引換券を提出し現物を受領することによって行うものとする。

(引換券の清算)

第8条 販売業者は、対象者に引換券により給油したときは、町長に対して引換券を添えて当該年度の3月31日までに請求するものとする。

(引換券の返還)

第9条 町長は、対象者が次の各号のいずれかに該当するときは、引換券を返還させることができる。

(1) 虚偽の申請により引換券の支給を受けたとき

(2) 引換券を他に譲渡したとき

(3) その他、引換券を不正に使用したとき

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

(施行日)

この要綱は、平成21年11月1日から施行する。

附 則(平成26年11月1日訓令第37号)

この訓令は、平成26年11月1日から施行する。

附 則(平成29年10月23日訓令第47号)

この訓令は、平成29年11月1日から施行する。

(平29訓令47・全改)

画像

(平29訓令47・全改)

画像画像

(平29訓令47・全改)

画像

画像

豊浦町福祉灯油給付事業に関する実施要綱

平成21年12月8日 訓令第20号

(平成29年11月1日施行)