○豊浦町ホタテオーナー制度実証事業実施要綱

平成29年3月23日

訓令第7号

(目的)

第1条 この要綱は、豊浦町ホタテオーナー制度を通して豊浦町水産物の魅力をPRすることで、豊浦町水産業の発展に寄与することを目的とする。

(オーナーの定義)

第2条 豊浦町ホタテオーナーとは、1口につき登録したホタテ養殖用耳吊りロープ1本で水揚げされたホタテを受贈できる権利者をいう。(以下「オーナー」という。)

(対象者)

第3条 この要綱による制度の対象になることができる者は、国内に住所を有する個人及び法人とする。ただし、次に該当するとみなされるものは除く。

(1) 政治的及び宗教的な団体

(3) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)に規定する暴力団員その他これに準ずるもの

(4) 無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律(平成11年法律第147号)第8条の処分を受けている団体及びその役職員又は構成員

(申込み)

第4条 前条の規定により、オーナーになろうとする者は、豊浦町ホタテオーナー申込書(様式第1号)により行うものとする。

(登録)

第5条 町長は、前条の規定による申し込みを受け、登録料の納入確認後、適当と認めるときはオーナーとして登録する。

2 町長は、前項の規定により登録したオーナーに、豊浦町ホタテオーナー登録通知書(第2号様式)により通知するものとする。

(登録料)

第6条 オーナーは登録料として、町長が指定する期限までに1口につき30,000円を支払うものとする。

(登録の取消し)

第7条 町長は第4条第2項の規定にかかわらず、オーナーが次の各号のいずれかに該当するときは、オーナーの登録を取り消すことができるものとする。

(1) この要綱の規定に違反したとき。

(2) 第2条各号の規定に違反したとき。

(3) 町長の指示に従わないとき。

2 町長は、前項の規定によりオーナーの登録を取り消した場合、受け取ったオーナー登録料は返還しない。

(期間)

第8条 オーナーとなる期間は、登録日から登録したホタテの水揚げが完了した日までとする。

(へい死等の措置)

第9条 町長はオーナーのホタテがへい死等により水揚げが少ない場合、10kg分のホタテを補償するものとする。

(管理)

第10条 この要綱により登録されたホタテの管理は、町が指定した漁業者が行うものとし、オーナーは管理状況について、町長が認めた場合を除き異議を唱えないものとする。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

豊浦町ホタテオーナー制度実証事業実施要綱

平成29年3月23日 訓令第7号

(平成29年4月1日施行)