○豊浦町学校給食費助成金交付要綱

平成29年7月11日

訓令第48号

(趣旨)

第1条 この要綱は、学校給食法(昭和29年法律第160号)に基づき実施される学校給食(以下「学校給食」という。)において、保護者の経済的負担を軽減し、もって子育て支援を拡充するため、同法第11条第2項に規定する学校給食に要する経費(以下「給食費」という。)の一部を助成することに関し、豊浦町補助金等交付規則(平成29年規則第11号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「保護者」とは、学校教育法(昭和22年法律第26号)第16条に規定する保護者をいう。

(助成対象者)

第3条 助成金の交付を受けることができる者(以下「助成対象者」という。)は、豊浦町立小中学校に在籍し、かつ、町内に住所を有する児童及び生徒(以下「児童等」という。)の保護者とする。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当するときは、助成金の交付を受けることができない。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)第13条第3号に規定する教育扶助の支給を受けているとき。

(2) 豊浦町児童生徒就学援助要綱第8条の規定により給食費の支給を受けているとき。

(3) 給食費を滞納している場合。ただし、納付誓約をしているときを除く。

(助成金の額)

第4条 助成金の額は、児童等の保護者が支払った申請年度に係る現年度分の給食費の2分の1に相当する額とする。ただし、助成金の額に100円未満の端数があるときは、その端数金額は切り捨てるものとする。

(助成金の交付申請及び請求)

第5条 助成対象者は、豊浦町学校給食費助成金交付申請書(様式第1号)を、次に定める日までに町長に提出しなければならない。

(1) 4月~9月分 10月15日

(2) 10月~3月分 3月31日

(助成金の交付決定)

第6条 町長は、前条の規定による申請があったときは、各月に係る給食費の納期限後、速やかにその内容を審査のうえ、助成金を交付すべきものと認めたときは、助成金の交付を決定するものとする。

2 前項の規定により、審査を行う際に、転出その他の理由により第3条第1項に規定する要件を欠いた場合においても、当該各月に係る給食費を納入していれば、交付することができる。

3 第1項に規定する助成金は、前期(4月から9月)及び後期(10月から翌年3月まで)に分けて交付するものとする。

(助成金の交付の条件)

第7条 助成金の交付の決定において付する条件は、第5条に定める申請期限時点において納付済の給食費について交付するものとする。

(交付決定の取消し等)

第8条 町長は、交付決定者が次の各号のいずれかに該当するときは、交付決定を取り消し、又は既に交付した助成金の全部若しくは一部を返還させることができる。

(1) 第3条に規定する要件を満たさなくなったとき。

(2) 給食費を納付しなかったとき。

(3) 偽りその他不正の手段により助成金の交付を受けたとき。

(4) その他町長が必要と認めるとき。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この訓令は公布の日から施行し、平成29年4月1日から適用する。

画像

豊浦町学校給食費助成金交付要綱

平成29年7月11日 訓令第48号

(平成29年7月11日施行)