○豊浦町職員の介護職員処遇改善手当に関する条例施行規則

令和2年3月1日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、豊浦町職員の介護職員処遇改善手当に関する条例(平成31年豊浦町条例第9号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(加算額が支給額を上回る場合の取り扱い)

第2条 条例第5条第1項の規定により、算定した4月から3月までのサービス提供月に相当する介護職員処遇改善加算の見込み総額(以下「加算額」という。)が、4月から3月までのサービス提供月に相当する介護職員処遇改善手当(以下「手当」という。)の支給額総額を上回る場合は、その差額を手当の支給に伴う福利厚生費等の事業者負担の増加分に充てるものとする。

2 前項の取り扱いを行った場合において、なお、剰余金があるときは、剰余金の額を支給対象者の人数で除し、100円未満の端数を切り上げた額を3月のサービス提供月に相当する手当に加算して支給するものとする。

(加算額が支給額を下回る場合の取り扱い)

第3条 条例第5条第2項の規定により、算定した加算額が、手当の支給額見込み総額を下回る場合は、その差額を支給対象者の人数で除し、100円未満の端数を切り捨てた額を3月のサービス提供月に相当する手当額として支給する。

2 前項の取り扱いを行った場合において、加算額の剰余金が生じるときは、手当の支給に伴う福利厚生費等の事業者負担の増加分に充てるものとする。

(委任)

第4条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、令和2年3月1日から施行する。

豊浦町職員の介護職員処遇改善手当に関する条例施行規則

令和2年3月1日 規則第11号

(令和2年3月1日施行)