ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

町長からのそよ風だより

ホーム > 町長からのそよ風だより > 町長からのそよ風だより(第23号-平成28年度予算等について-)

町長からのそよ風だより(第23号-平成28年度予算等について-)

2016年4月11日

 本州各地で桜の開花も聞かれる今日この頃、町民の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 維持改修工事のため、町民の皆様に大変ご不便・ご迷惑をかけておりました天然温泉しおさいが3月1日(火)より再開し、源泉かけ流しや高温サウナへの変更、2階のツインルームの増設等により、町民の皆様をはじめ、町外からのお客様にも以前にもましてご好評をいただいており、多くの入館者に厚く感謝を申し上げます。
 なお、改修にあたりましては、環境省をはじめ多くの関係機関のご理解とご協力をいただき実現できたものであり、心より敬意と感謝を申し上げます。
 また、豊浦小学校の大規模改修も終え、より安全・安心で快適な教育環境が整い、子どもたちのより一層の健やかな成長が図れるものと思っております。
 3月は卒業式シーズン、11日(金)には豊浦中学校、18日(金)には豊浦小学校、大岸小学校の卒業式があり、私は豊浦中学校と豊浦小学校の卒業式に出席してきました。
 豊浦中学校の卒業式では、卒業生一人一人が加藤校長先生から卒業証書を受け取り、勉強や部活のことや修学旅行での楽しかった思い出、先生たちや同級生との別れに感極まり、涙する卒業生もおりました。高校生になっても一歩一歩大人になるためのステップを歩み、自分の人生を自ら切り開くことを切に願うとともに、今後に向けての期待をしているところでもあります。
豊浦小学校の卒業式では、緊張の中にも6年間過ごしてきた誇りと自信を胸に、新たに中学生としての自覚を持って勉強に部活に熱心に取り組む決意が見られ、大変頼もしくうれしく思いました。
 さて、平成28年度の予算委員会と3月議会が開催され、町民の皆様をはじめ、議員各位のご理解をいただき、平成28年度予算を成立させていただきましたことに、深く感謝とお礼を申し上げます。
 予算は、総合戦略をベースとして、①一次産業の強化や新たな価値創出により雇用を確保し、誇りを持って働き続けたいまちづくりを実現する。②生活環境の充実により、快適に住み続けたいまちづくりを実現する。③都市圏からの人の流入、移住促進に向けて、働きたい・住んでみたい魅力あるまちづくりを実現する。④エネルギーの地産地消、循環型地域を目指し、安心して暮らせる自立・持続するまちづくりを実現する。としております。
 その中で、特に担い手不足が深刻な農業につきましては、㈱マイファームとの連携を図り、新規就農者の確保に取り組むとともに、駅の維持管理を地方自治体として日本で初めて取り組みます「小幌駅」やジオサイトであります小幌洞窟やカムイチャシ公園、しおさいや道の駅等の資源を活かしたDMO地域観光づくり事業、牛糞や豚糞、漁業系廃棄物等を原料としたバイオマスエネルギー事業につきましては、慎重かつ積極的に取り組んでまいります。
詳細につきましては、「広報とようら特集号」をご覧いただき、ご理解とご支援をお願い申し上げます。

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー