ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

医療

ホーム暮らし医療 > ひとり親家庭等医療

ひとり親家庭等医療

ひとり親家庭等医療助成制度

 ひとり親家庭等医療助成制度とは、ひとり親家庭等世帯で18歳未満の子、及びこの子を扶養している母または父(所得制限があります)に対して医療費の一部を助成するものです。

対象となる方

 豊浦町にお住まいの方、生活保護の受給者を除く方で、以下の条件に一つでも該当する方が対象(所得制限があります)となります。

  • 離別、死別、未婚等により18歳未満の方を扶養されている母または父及びその扶養されている子
  • 一方の親が重度心身障がい者医療助成制度の対象となっている場合のもう一方の親及びその子
  • 両親の死亡、行方不明等により親類または兄弟に扶養されている子(扶養している親類または兄弟は対象となりません)

 上記の条件に一つでも該当されている方が申請をしていただくことにより事由の発生日またはその属する月の初日から対象となります。

窓口負担金について(保険者負担以外のについて、本町で助成しております。)

 
 
0歳~18歳
18歳以上
町民税
課税世帯
負担なし
1割
町民税
非課税世帯
負担なし
初診時
一部負担金のみ

 この制度については、北海道内の医療機関で治療を受けた場合に受給者証をおつかいになれます。
 北海道外で治療を受けた場合は、一旦支払いをしていただき、本町町民課に領収書を持参のうえ手続きをすることにより助成いたします。
 また、母または父に関しましては入院のみご利用いただけることとなります。

※なお、初診時一部負担金は一般診療は580円、歯科510円、柔道整復270円となります。
※18歳到達後、最初の3月31日までの幼児・児童については、医療費の全部を助成します。
※次の場合、受給者証は使用できませんのでご注意願います。
 1)交通事故
 2)傷害事件など第三者行為によるもの
 3)学校内(通学を含む)でのケガ等

ひとり親家庭等医療の手続き
こんなときは? 必要なもの
初めて申請する場合 健康保険者証、印鑑
医療費の助成を申請する場合 受給者証、健康保険者証、領収書、印鑑、
申請される方の振込先口座番号
町外から転入した場合 健康保険者証、所得課税証明書、印鑑
町内で転居した場合 受給者証、健康保険者証、印鑑
町外へ転出する場合 受給者証、印鑑
死亡した場合 受給者証、印鑑

受給者証の更新

 受給者証について、毎年(8月1日)の更新となります。
 ただし、18歳になられた方は、18歳到達後3月末に更新となります。

お問い合わせ

町民課町民係
〒049-5492
虻田郡豊浦町字船見町10番地 豊浦町役場
電話:0142-83-1407
FAX:0142-83-2129

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー