ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

子育て

ホーム暮らし子育て > 児童扶養手当

児童扶養手当

児童扶養手当とは

 父母の離婚等により、父親又は母親と生計を同じくしていない児童を養育しているひとり親家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。
 

支給の対象
 

 児童扶養手当を受けることができる人は、次の条件に当てはまる18歳に達する年度末までの児童を監護している母親、または、母にかわってその児童を養育している人です。児童が心身に基準以上の障がいがある場合には、20歳になる誕生月まで手当が受けられます。
 国籍は問いませんが、外国籍の方は外国人登録し、一定の在留資格がある方に限ります。

  1. 父母が離婚した家庭の児童
  2. 父または母が死亡した児童
  3. 父または母が重度の(国民年金の障害等級1級程度)の障がいにある児童
  4. 父または母の生死が明らかでない児童
  5. 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
  6. 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童(平成24年8月1日から適用)
  7. 父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  8. 未婚の母の児童
  9. その他、生まれたときの事情が不明である児童
  10. 父、母ともに不明である児童

上記に該当しても次のような場合、手当は支給されません

 児童が
  1. 日本国内に住所がないとき
  2. 父または母の死亡による公的年金や労災による遺族補償を受けることができるとき
  3. 父または母(重度の障がい)に支給される公的年金給付の額の加算の対象となっているとき
  4. 児童福祉施設に入所しているとき、または里親に委託されているとき
  5. 母の配偶者(事実上の婚姻状態も含む)に養育されているとき
  ※「事実上の婚姻状態」とは社会通念上、当事者間に夫婦としての共同生活と認められる
  事実関係が存在することをいいます。


 父母または養育者が
  1. 日本国内に住所がないとき
  2. 公的年金を受けることができるとき
  3. 平成15年4月1日現在、既に支給要件に該当してから5年が経過して手当の請求をしていないとき

支給額について

 認定を受けると、認定請求をした翌月分からの手当が支給されます。
 ただし、所得制限により手当の全部または一部を支給しない場合があります。
 詳しくは民生課町民係までお問い合わせください。

【支給例】平成24年4月~
 児童1人の場合は    41,430円 (一部支給 41,420円~9,780円)
  2人目は          5,000円加算
  3人目からは        3,000円加算
 

支払時期

 毎年4、8、12月にそれぞれの前月分(例えば4月には、12月~3月の4か月分)をまとめて支給します。
 支払日はその月の11日(休日の場合は直前の金融機関営業日)に指定の口座に振り込まれます。
 

その他

 現況届について 

 受給者となられた方は、毎年8月1日~8月31日までに養育状況や所得状況を記入した「現況届」を提出しなければなりません。現況届は受給資格が継続するかを確認するものです。
 現況届が提出されない場合、8月以降の手当の決定ができないため、保留となりますので、ご注意ください。また、2年を経過すると資格が失われますので、必ず提出してください。

 各種変更届の提出について
 

 次のような時は、届出が必要です。
  1. 受給者や児童の住所、氏名が変わったとき
  2. 振込先の金融機関、口座番号が変わったとき
  3. 児童の養育状況が変わったとき

平成20年以降の手当について 

 手当を受け始めてから5年又は支給事由発生から7年を経過した方(養育者は除く)は、手当の2分の1が支給停止されることになりました。
 ただし、受給資格者の方が就労している場合や求職活動している場合などは、一部支給停止措置が適用されません。対象者へは個別に通知しますので、定められた期限までに必ず必要な手続きをしてください。

お問い合わせ

町民課子育て支援係
〒049-5492
虻田郡豊浦町字船見町10番地 豊浦町役場
電話:0142-83-1405
FAX:0142-83-2129

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー