ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

情報公開・個人情報保護

ホーム行政情報公開・個人情報保護 > マイナンバー制度について

マイナンバー制度について

 【特定個人情報保護評価書、独自利用事務の情報連携】
 
マイナちゃん     家族イメージ
 

社会保障・税番号制度とは

 社会保障・税番号制度とは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の3分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する 社会基盤です。

 

マイナンバーとは

 マイナンバー(個人番号)とは、国民一人ひとりが持つ12桁の数字のみで構成される番号のことで、平成27年10月から住民票を有するすべての国民にマイナンバーが記載された「通知カード」をお送りします。
 
 

個人情報とは

 特定個人情報とは、マイナンバー(個人番号)を内容に含む個人情報のことです。また、特定個人情報を内容に含むファイルのことを特定個人情報ファイルといい、特定個人情報保護評価の実施が義務付けされています。
 

特定個人情報とは

 特定個人情報とは、マイナンバー(個人番号)を内容に含む個人情報のことです。また、特定個人情報を内容に含むファイルのことを特定個人情報ファイルといい、特定個人情報保護評価の実施が義務付けされています。
 

特定個人情報保護評価について

 特定個人情報保護評価とは、特定個人情報ファイルを保有しようとするまたは保有する国の行政機関や地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏洩、その他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。番号制度に対する懸念(国家に対する個人情報の一元管理、特定個人情報の不正追跡・突合、財産その他の被害等)を踏まえた制度上の保護措置の一つで、事前対応による個人のプライバシー等の権利利益の侵害の未然防止及び国民・住民の信頼の確保を目的としています。
 評価の対象は、特定個人情報ファイルを取り扱う事務となっており、しきい値判断によって基礎項目評価・重点項目評価・全項目評価の区分に分けられます。

 

評価書の公表

 特定個人情報保護評価書は、豊浦町のホームページで公表することとしています。豊浦町では、特定個人情報保護評価の対象事務となっている特定個人情報保護評価書を以下のとおり公表します。

  1 住民基本台帳に関する事務
  2 地方税賦課関連事務
  3 国民健康保険資格管理・給付に関する事務
  4 国民年金に関する事務
  5 北海道医療給付事業に関する事務
  6 介護保険に関する事務
  7 公営住宅管理関連事務
  8 水道下水道料金関連事務
  9 健康管理に関する事務

 

独自利用事務の情報連携に係る届出書の公表

 独自利用事務届出書とは

 マイナンバーは、行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(=番号法)で定められて事務において、利用することができます。
 独自利用事務届出書は、個人情報保護委員会に提出し、委員会に認められることで、豊浦町独自の事務においても、番号法で定められた事務と同様にマイナンバーを利用して他の市町村との情報提供・情報照会を行うことができるものです。

独自利用事務の情報連携に係る届出について

 豊浦町の行う独自利用事務については、次のとおり個人情報保護委員会に届け出を行っており、承認がされています。
 
事務名 届出書 根拠規範
1 ひとり親等の医療費助成に関する事務 届出書
(PDF60KB)
豊浦町重度心身障害者及びひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例
2 重度心身障害者等の医療費助成に関する事務 届出書
(PDF67KB)
豊浦町重度心身障害者及びひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例
3 子どもの医療費助成に関する事務 届出書
(PDF62KB)
豊浦町乳幼児医療費の助成に関する条例
豊浦町乳幼児医療費の助成に関する条例施行規則

お問い合わせ

総務課庶務係
〒049-5492
虻田郡豊浦町字船見町10番地 豊浦町役場
電話:0142-83-1402
FAX:0142-83-2129

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー