ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

母子保健事業

ホーム暮らし保健・予防母子保健事業 > 新生児聴覚検査費用の全額を助成します

新生児聴覚検査費用の全額を助成します

  豊浦町では、生まれてくる全てのお子さんに新生児聴覚検査を受けてもらうため、
 令和元年度より検査費用の助成を始めました。
 生まれつき、両側の耳の聞こえに異常がある子は1,000人に1~2人と言われています。
 検査により、聴覚の異常を早期に発見し適切な治療を行うことで、
 言葉の発達への大きな効果が期待できます。
 

新生児聴覚検査とは?


 赤ちゃんの聴覚に異常がないかを早期に発見するための検査です。
 出産後、入院中に赤ちゃんが眠っている状態で検査を行います。


対象者: 豊浦町に住民票を有する生後6か月までの赤ちゃん
     注)検査日と申請時に町民の方が対象です。

助成回数:一人につき1回まで

検査方法:自動ABR、ABR、OAEで検査をした場合

助成額:医療機関に支払った検査料の全額
    保険診療により聴覚検査を受けた場合は、助成の対象外です。

助成方法:医療機関に一旦、費用を支払っていただき、後日保健センターで
     償還払いの手続きを行います。
     豊浦町新生児聴覚検査費用助成申請書.pdf

【持ち物】 医療機関からの領収書
      母子手帳等(検査日・方法及び検査結果を確認できるもの)
      通帳等(振込先のわかるもの)
      印鑑
  
 検査を受けた日から1年以内に申請してください。

 







 
 
 
ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー