ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

感染症・予防接種

ホーム暮らし保健・予防感染症・予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチン(HPV)接種の積極的勧奨の差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチン(HPV)接種の積極的勧奨の差し控えについて

 
   子宮頸がん予防(ヒトパピローマウイルス感染症)ワクチンは、 平成25年4月1日に「予防接種法」に基づく定期予防接種となりました。
  しかし、平成25年6月14日に開催された厚生労働省の厚生科学審議会第2回予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会及び第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)において、予防接種の副反応について専門家による分析・評価が行われました。

   会議の結果、予防接種法に基づく、子宮頸がん予防ワクチンの接種については、定期予防接種の中止ではなく、継続するものの、積極的な接種の勧奨を差し控えることとなりました。
   
定期予防接種を中止するものではありませんので、ワクチンの有効性やリスク(ワクチンを接種した後に引き起こされる可能性のある副反応や、特にまれであっても、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が生じることもあること)等について十分に理解したうえで、予防接種を受けるかどうかの判断をしてください。下記のリーフレットをご参照ください。

 

    子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへPDF・255KB
    HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へPDF・399KB
    HPVワクチンを受けるお子様と保護者の方へPDF・392KB

    

    

お問い合わせ

総合保健福祉施設 保健センター
〒049-5411
虻田郡豊浦町字東雲町16番地1
電話:83-2408
FAX:83-2477

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー