ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

国民健康保険病院

ホーム暮らし国民健康保険病院 > 院内医療機器紹介

院内医療機器紹介

○コンピュータ断層撮影装置(CT8列)
 X線を照射して撮影し、コンピュータで処理した断層画像で体内の様子を調べる装置です。
 コンピュータ解析により輪切り画像や立体画像を作り令和2年度において、16列型に更新する予定です。
 


 




○X線透視検査撮影装置 
 X線によって得られる画像をリアルタイムにテレビモニターで観察しながら撮影する検査です。
 胃バリウム、各種透視検査や造影検査を行います。

 







○エコー検査装置
 エコー(超音波)検査は、人に聞こえない高い周波数の音波を使い、身体の中の状態を調べる検査です。エコー検査は、肝臓、胆のう、腎臓、脾臓、膵臓といった臓器全般や血管・甲状腺などの検査も可能です。

 




○内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)
 胃や腸など消化器官に関する病気の早期発見・治療のために行います。内視鏡検査では、先端にカメラのついた細い柔軟なチューブ(内視鏡)を口又は鼻、肛門から挿入し、消化器官内部の検査をすることができます。通常、胃カメラと言われる上部消化器官内視鏡と大腸カメラと言われる下部消化器官内視鏡があります。



○ウォーターベッド
 水圧刺激という新しい発想から生まれた、ウォーターベッドタイプの全身治療器です。血液循環の向上と腰痛や筋肉痛の緩和などに効果があり、柔らかく、それで力強く、しかも心地よく、心と体のリラクゼーション効果も期待できます。

 

お問い合わせ

国民健康保険病院
〒049-5411
虻田郡豊浦町字東雲町16番地1
電話:0142-83-2228
FAX:0142-83-2073

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー