○会計管理者の補助組織設置規則

令和元年5月10日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第171条第5項に基づき、会計管理者の権限に属する事務を処理する組織について、必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 前条に規定する事務を処理させるため、豊浦町課設置条例(平成16年条例第1号)に規定する出納課に出納係を置く。

(職務)

第3条 会計管理者は、出納係の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 出納係に必要に応じ係長その他の職員を置くことができる。

3 係長その他の職員は、上司の命を受け担当事務を処理する。

(分掌事務)

第4条 出納係の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 歳入歳出各伝票に係る消込み及び集計に関すること。

(2) 支出負担行為の確認に関すること。

(3) 一般会計及び特別会計並びに基金の出納に関すること。

(4) 現金の出納及び保管に関すること。

(5) 現金及び財産の記録管理に関すること。

(6) 各会計の収支状況に関すること。

(7) 有価証券及び会計諸帳簿、証拠の保管に関すること。

(8) 例月出納検査に関すること。

(9) 指定金融機関の検査に関すること。

(10) その他会計管理者の権限に関すること。

(代決)

第5条 会計管理者が不在の時における前条の事務の代決については、豊浦町会計規則(平成27年規則第2号)第6条の規定に準じて運用するものとする。

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、平成31年4月1日から適用する。

会計管理者の補助組織設置規則

令和元年5月10日 規則第13号

(令和元年5月10日施行)

体系情報
第3類 行政通則/第1章 組織・処務
沿革情報
令和元年5月10日 規則第13号