ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

防災

ホーム暮らし防災 > 急傾斜地(がけ地)の点検を行う際のポイントについて

急傾斜地(がけ地)の点検を行う際のポイントについて

  令和2年2月5日に神奈川県逗子市で道路に隣接する私有地斜面が雨が降っていないにもかかわらず崩落し、歩道の歩行者が土砂に巻き込まれ死亡するがけ崩れが発生しました。
 斜面は、風化(注1)が進行して無降雨であっても突然崩壊する危険性があるため、変状の早期発見に努めるようにしましょう。
 土地所有者の方で斜面の自主点検をする際は、国からポイントが示されておりますので、参考としてください。
(注1)風化:地表の岩石が気温、雨水などの作用により次第に破壊され土や砂になること
 

神奈川県逗子市のがけ崩れをふまえた急傾斜地(がけ地)の点検を行う際のポイント(PDF:271KB)
 

点検時にお役立ていただきたい前兆現象については ⇒ 政府広報オンラインへ(外部サイト)

お問い合わせ

地方創生推進室交通防災係
〒049-5492
北海道虻田郡豊浦町字船見町10番地 豊浦町役場
電話:0142-83-1417
FAX:0142-83-2129

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー