ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

保健・予防

ホーム暮らし保健・予防 > 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)を自費で接種(任意接種)した費用を助成します

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)を自費で接種(任意接種)した費用を助成します

 令和4年4月から、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)の積極的勧奨が再開となりました。定期接種対象者(中学1年~高校1年相当の女子)、キャッチアップ接種対象者(平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女子)の方々には、個別で通知を郵送しています。
 このたび、HPVワクチンの積極的な勧奨を差し控えていた間に、自費で接種(任意接種)した方に対して、かかった費用の全部か一部を町で助成いたします。
 
対象者
次の要件をすべて満たす方が対象となります。
〇平成9年4月2日から平成17年4月1日生まれの女性
〇令和4年4月1日時点で豊浦町に住民登録がある方
〇16歳になる日の属する年度の末日までにHPVワクチンの接種を3回完了していない方
〇17歳になる日の属する年度の初日から令和4年3月31日までにHPVワクチンを自費で接種した方
〇豊浦町以外の市町村から同種の助成を受けていない方
 
対象となる予防接種
〇サーバリックス(2価HPVワクチン)
〇ガーダシル(4価HPVワクチン)
※シルガード9(9価ワクチン)は対象外となります。


申請書類などの詳しい内容につきましては、保健センター(0142-82-3844)までお問い合わせください。
 
ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー