学校給食センター

学校給食について

 豊浦町の学校給食は、昭和42年5月8日から給食センター方式(共同調理場方式)で完全給食が開始され、現在では小学校3校、中学校1校の児童生徒及び教職員の給食を、学校給食センターで調理配送しています。
 食材については、米飯は「豊浦産ななつぼし」を、副食には地域の特産品である「ホタテ」などの地場産材の活用を積極的に行っています。

学校給食センターの概要

 現在の学校給食センターは、昭和61年12月に厨房床を従来のウエット方式からドライ方式に変更して建設され、以来円滑な運営を続けています。
  ・位  置   豊浦町字東雲町69番地3
  ・構  造   鉄筋コンクリート造
  ・面  積   総面積 726平方メートル
           1階: 267平方メートル(研修室、休憩室、物品庫、機械室)
           2階: 409平方メートル(厨房、事務室、食品庫)
           3階: 50平方メートル(見学室、空調機械室)
  ・完  成   昭和61年12月25日
  ・提供開始   昭和62年1月20日

学校給食費

 豊浦町内の公立小・中学校では学校給食を実施しており、児童生徒の学校給食の材料費に充てるため保護者の皆様に学校給食費として負担していただいています。

 学校給食の納入にあたっては、窓口で納期ごとに現金で納めていただく「納付書払」と便利で確実な「口座振替」の方法がありますが、豊浦町では納め忘れのない「口座振替」を推奨しています。口座振替を依頼される場合は、口座振替依頼書に必要事項を記入して各金融機関へ提出してください。ゆうちょ銀行(郵便局)については、郵便局に専用用紙がありますのでご注意ください。
 なお、学校給食費の納期限は次のとおりとなっていますので、納期限内に納入してくださいますようご協力お願いいたします。
  ・取扱金融機関   伊達信用金庫
            とうや湖農業協同組合
            いぶり噴火湾漁業協同組合
            ゆうちょ銀行(郵便局)
  ・納期限      原則、毎月末日(12月は28日、3月は15日)
             注:納期限が休日の場合は、翌営業日になります。
  ・口座振替依頼書  こちらからダウンロードしてください → 口座振替依頼書(269KB)

 また、平成29年度からは私会計方式から公会計方式に改め、併せて子育て支援の一環として教育費の負担軽減を図ることを目的に、学校給食費の半額助成を行っています。 → 詳しくはこちら

献立について

 献立は、季節の旬のものや地域にちなんだものなど、栄養面はもちろん、おいしく楽しい給食となるように作成しています。令和元年度には栄養管理献立システムを導入して内容の充実を図っています。
 献立表はこちらからご覧になれます。 → 献立表


 ~給食の一例~

       
  ・ごはん                  特別メニュー:アイヌ料理
  ・ほうとう汁                ・きのこごはん「カルシサタマム」
  ・鶏肉のごま照り焼き            ・鮭の汁物「チェプオハウ」
  ・牛乳                   ・鹿肉の煮物「ユクチスイエプ」
                        ・牛乳

 

お問い合わせ

教育委員会生涯学習課 学校給食センター
〒049-5411
北海道虻田郡豊浦町字東雲町69-3
電話:0142-83-2264
FAX:0142-83-2286

ページの先頭へ戻る